最後には点になりそうと言いながら
縦の線と
横の線を画き終えて逝かれた幸子さん。

点は無限に広がる始まりでもあり、
到着点だとも思える。

削ぎ落として、どんどんシンプルになっていくと
形は無くなり、線となって、点となって

なあんにも無くなる。

空なんだ…。

みんな空になると…

なあんだ一つじゃない。

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください